チャート分析

ロールリバーサルが起こる原因は?市場参加者の心理を理解しよう!

投稿日:

前回基準となる3つのラインを学びましたが

ライン付近でレジスタンスサポートが反転する

ロールリバーサルという現象が起こります(=゚ω゚)ノ

なぜそのような現象が起こるのか?気になりますよね^^

今回はロールリバーサルについて勉強していきましょう!

ロールリバーサルとは?起こる原因は何?

ロールリバーサルって何?ということですが

前回のラインについてまだ不安な方は

再度過去記事をチェックしてくださいね^^

3つの基準となるラインの引き方を学ぼう!

 

簡単に言うとレジスタンス(抵抗)サポート(支持)

逆転する現象のことです(=゚ω゚)ノ

ロールリバーサル

真ん中の水平に引いたラインにおいて

赤丸部分はサポートライン(支持線)として機能しているが

黄丸部分はレジスタンスライン(抵抗線)として機能しています。

 

同じライン上でサポートラインがレジスタンスラインに

もしくはレジスタンスラインがサポートラインに変化することを

ロールリバーサル(レジサポ転換)と言います(=゚ω゚)ノ

 

上記はわかりやすいように水平線で引けるポイントにしてますが

前回勉強したトレンドラインでもロールリバーサルは起こります!

トレンド ロールリバーサル

こんな感じですね(*´Д`)

 

なぜこんな現象が起こるのでしょうか?

気になりますよね(=゚ω゚)ノ

ロールリバーサルの原因は市場参加者の心理だった!

答え書いちゃいましたね(*ノωノ)

ということでロールリバーサルが起こる原因は

市場参加者の心理が引き起こす現象なんです!!

実際のチャートを見てみましょう(=゚ω゚)ノ

ロールリバーサル 心理

わかりやすくチャートを縮小してみました^^

 

左の赤丸部分は何度も反発を受けており

レジスタンスとして機能していたため

売りエントリーを行った人たちが多いポイントです。

 

ここで売りエントリーを持った人たち(A)は

その後価格がレジスタンスラインを抜けたため

しばらく含み損を抱えた状態となります。

 

含み損を抱えた状態での心理状態は

『なるべく損を減らしたい』という心理になります。

その後運よくエントリーしたポイント(黄丸)まで戻ってきたら

Aの人たちは±0で決済したいと思いますよね?

 

売りポジションを決済するということは『買い』が発生します。

 

さらに何度も反発していたレジスタンスラインを

ブレイクして価格がライン付近まで戻ってきたポイントは

ブレイクで買いエントリー出来なかった人たちが

再度買いを狙っているポイントでもあります。

 

つまり2重の『買い』が発生するポイントですね!

ということは・・・わかりますよね(笑)

 

強力なサポートラインとして機能することになります(=゚ω゚)ノ

これがロールリバーサルが起こる原因になっているわけです!

人間の心理・・・恐ろしや(;・∀・)

 

ということで今回はロールリバーサルについて

解説してきました(=゚ω゚)ノ

ロールリバーサルは基本知識ですが

かなり重要なのでしっかり理解していってくださいね!

-チャート分析
-, ,

Copyright© プライスアクションから学ぶFX , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.