チャート分析

レジスタンス&サポートラインはゾーンで見る!機能するラインの引き方は

投稿日:

レジスタンスラインサポートラインですが
機能するポイントに引くのが難しい!
という方も多いと思います。

レジスタンスラインとサポートラインは
ラインではなくゾーンで捉えると
機能するケースが多いです(=゚ω゚)ノ

今回はレジスタンスラインとサポートラインを
ゾーンで捉えて機能するラインの引き方について
学んでいきましょう!!

レジスタンスラインとサポートラインのゾーンとは?

レジスタンス&サポートはラインじゃないの??
と思う人も多いと思いますが仰る通りラインです(笑)

ここで考えてほしいのはラインとゾーン
どちらが有効か?ということです(=゚ω゚)ノ

基本的なラインの引き方がわからない方は
過去記事からチェックしてくださいね!
レジスタンス&サポートとトレンドラインの正しい引き方を学ぼう!

実際のチャートでラインとゾーンを見ていきましょう!

まずはラインで見た場合のチャートです♪
レジサポライン
レジスタンスラインは赤色、
サポートラインは黄色で引いてますが
それぞれ丸で囲った部分で機能しているのがわかるかと思います(=゚ω゚)ノ

ただ一部抜けている部分もありますね(;・∀・)

そこで次はゾーンで見た場合のチャートです♪
レジサポゾーン

ラインでは機能していなかった部分が
ゾーンではきちんと機能していますね(=゚ω゚)ノ

ゾーンで捉えると部分的に抜けてしまう
ダマしポイントを上手く避けれるようになります♪

解説の図を見てもらうとわかる通り、ラインだと一本ですが、
ゾーンだと分厚い壁のようなイメージになります!

それでは実際にどのようにラインを引くかを見ていきましょう(=゚ω゚)ノ

レジスタンス&サポートゾーンのラインの引き方は?

レジスタンス&サポートラインについては
ローソク足の実体を基準に引きましたよね^^

ゾーンになるラインはローソク足のヒゲの先端でラインを引きます(=゚ω゚)ノ
先程のチャートを拡大して見てみましょう!

【サポートゾーンの場合】
サポートゾーン引き方

【レジスタンスゾーンの場合】
レジスタンスゾーン引き方

こんな感じでゾーンのラインを引いていきます(=゚ω゚)ノ

この追加で引くラインですが、
ヒゲ付のローソク足が陽線であれば、直前のローソク足が陰線
ヒゲ付のローソク足が陰線であれば、直前のローソク足が陽線の方が
機能しますので意識して過去チャートで検証してみてください!

ということで今回はレジスタンス&サポートをラインではなく
ゾーンで捉える方法について勉強してみました(=゚ω゚)ノ
ゾーンに関してもライン同様、何度も練習して引けるように書いてみましょう!

-チャート分析
-,

Copyright© プライスアクションから学ぶFX , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.