ダウ理論

ダウ理論でトレンドの転換ポイントを見極める!目線を変えるタイミング

更新日:

最近風呂で足を滑らせてあばらにヒビが入ったぴろりんです(*´Д`)

皆さん・・・お風呂は危険がいっぱいですよ~(*´Д`)!!!

とまぁ余談はさておき、今回はダウ理論の続きで最も大事なポイントを取り上げます!

それでは早速ダウ理論でトレンドの転換ポイントを見極める方法を説明していきます(=゚ω゚)ノ

ダウ理論でトレンドの崩壊を見極める!

前回のダウ理論を見ていない方はこちらから見てくださいね!

ダウ理論で学ぶFXの基礎!相場の動きからチャート分析をしよう!

 

ダウ理論で最も重要なポイントは

現在の値動きがトレンド相場なのかレンジ相場なのかを

判断することが出来るということでした。

高値&安値切り上げ ⇒ 『上昇トレンド』

高値&安値切り下げ ⇒ 『下降トレンド』

高値&安値が同じ水準 ⇒ 『レンジ相場』

でしたね^^

ココをしっかり理解していないとダメですよ(=゚ω゚)ノ

理解できていないと思ったら、自分の言葉で説明できるようになるまで

前回の記事をよく読み直して下さいね^^

トレンドの崩壊を疑う!

きれいな上昇トレンドが継続しているところで、

高値を切り上げなかった場合トレンドの崩壊を疑います。

(下降トレンドは真逆で考えてください^^)

 

理由はシンプルですが、

『高値を更新しなかった』 ⇒ 『上昇トレンドのリズムが崩れた』

ことを意味します。

上昇トレンドのリズムが崩れると

上昇トレンドからレンジ相場もしくは下降トレンドへ移行する可能性が出てきます。

実際のチャートを見て見ましょう!

ダウ理論 上昇トレンド

これは誰が見てもきれいな上昇トレンドですね(=゚ω゚)ノ

高値も安値もきれいに切り上げています☆

 

その後のチャートを見てみましょう!

上昇トレンド その後

安値は切り上げたが、高値が前回高値を超えられず

その後もう一度高値にトライしたが、直前の高値も超えられずに

そのまま下降トレンドに移行してしまいました。

 

ダウ理論をきちんと理解することで

トレンドの崩壊を察知することが可能となります(=゚ω゚)ノ

 

ただトレンドのリズムが崩れたからと言って

すぐにトレンドと逆方向へエントリーすると・・・痛い目にあいます(笑)

ダウ理論でトレンドの崩壊から目線の転換までのポイント

それじゃあどこでエントリーすればいいの??

と思いますよね^^;

それでは、先程のチャートで目線の転換ポイントを説明していきます(=゚ω゚)ノ

ダウ理論 目線転換ポイント

チャート内の赤丸部分が最高値の元になった安値です。

この安値に水平線を引き価格がラインの上にいる場合はまだ買い目線です。

逆にラインの下に価格が下がってきた場合に売り目線へ転換となります。

 

理由はダウ理論を考えるとすぐにわかるかと思います(=゚ω゚)ノ

赤丸部分の安値(Higher-Low)よりも価格が上にある場合は

ダウ理論ではまだ上昇トレンドが継続しているとみなします!

 

この安値よりも価格が下がってきた場合に

初めて上昇トレンドが終焉したと言えますよね^^

ここからようやく売りでエントリーが出来る状態となります!

 

実際のチャートで調べてみるといっぱい出てきますので

一度勉強かねてチェックしてみてくださいね(=゚ω゚)ノ

 

ということで今回はダウ理論から見るトレンドの崩壊と

目線の転換ポイントを取り上げてみました!

参考になればうれしいです(=゚ω゚)ノ

ダウ理論については前回と今回の記事をきちんと勉強すれば

最低限かつ重要なポイントは抑えられると思いますので

トレードする際に意識してみてください^^

 

-ダウ理論
-, ,

Copyright© プライスアクションから学ぶFX , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.