ダウ理論

ダウ理論から相場の勢いを読み取る方法とは?高値と安値がポイント!

投稿日:

リアルタイムでチャートを見ていると

相場の勢いが強いのか?弱いのか?

判断するのはなかなか難しいですよね^^;

そこで登場するのがダウ理論です(=゚ω゚)ノ

ということで今回はダウ理論から

相場の勢いを読み取る方法を学んでいきましょう(=゚ω゚)ノ

ダウ理論で相場の勢いを読み取る!ポイントは高値と安値!

以前の記事でも取り上げましたが

ダウ理論は超重要なのでまだチェックしていない人は

必ずチェックしてから読んでくださいね^^

---------------------------------------------------------------------------------------

過去記事はコチラ↓

その1:ダウ理論で学ぶ!相場の動きからチャート分析まで

その2:ダウ理論でトレンドの転換ポイントを見極める!

---------------------------------------------------------------------------------------

前回ダウ理論でトレンドにおける

目線の転換ポイントについて学びましたが

今回はその延長線上にある考え方ですので

しっかり理解していきましょう(=゚ω゚)ノ

 

ダウ理論で注目するポイントは

なんといっても高値安値です!

 

高値切り上げ&安値切り上げで上昇トレンド

高値切り下げ&安値切り下げで下降トレンド

でしたよね^^

 

なぜここが重要かわかりますよね?

高値や安値を更新しなかった場合

トレンドのリズムが崩れることになります。

トレンドのリズムが崩れると

トレンドが終わる可能性が高まります

 

わかる人はもうわかったかと思いますが

トレンドの勢いを量るために重要なのは

高値と安値の位置です(=゚ω゚)ノ

 

実際のチャート画像で見てみましょう!!

強いトレンドの場合

 

トレンド強弱チャートを見てもらうと一目でわかりますが

強い上昇トレンドを描いていますね^^

 

ここで注目するポイントは

安値③高値①です(=゚ω゚)ノ

 

高値①を下回らなかった = 押しが弱い

ということになり上昇の勢いが

まだまだ強いということを表してます。

なのでまだまだトレンドが継続しやすい

相場状況だと判断できます。

 

下降トレンドは逆になりますので

実際のチャートで探してみてくださいね^^

それも大事な勉強ですよ(=゚ω゚)ノ

 

弱いトレンドの場合

トレンド強弱②

こちらもチャートを見る限りは

強い上昇トレンドを描いているように見ますが

実は弱い上昇トレンドになっています。

最終的に高値③で大きく上昇してますけど^^;

 

同じく高値①安値③がポイントになりますが、

安値③が高値①を大幅に下回ってますね^^;

 

安値②を下回ってないので

上昇トレンドは継続してますが、

高値①を下回った = 押しが強い

ということになり上昇の勢いが

弱くなっている可能性があります。

 

今回は高値③まで大きく伸びましたが

結果的に見た場合です。

この場合は上昇の勢いが弱くなっているので

安値②を割って反転する可能性も

十分考えないといけないポイントです(=゚ω゚)ノ

 

このように高値と安値の位置を確認することによって

トレンドの勢い(継続性)が見えてきます^^

 

勢いがある場合はそのままトレンドに乗り

勢いがない場合はエントリーしないようにすると

勝率がさらに高まると思います^^

 

最後にトレンドラインを赤と黄で2本引いてますが

赤ラインがメジャートレンドラインと呼び

黄ラインがインナートレンドラインと呼ばれます。

 

インナートレンドラインが引ける場合は

上昇の勢いが強いケースが多いので

こういうポイントもチェックしてみてくださいね♪

 

またトレンドラインの傾き

トレンドの強さを見ることもできますので

参考にしてください(=゚ω゚)ノ

 

ということで今回はダウ理論で

トレンドの強弱を判断する方法を勉強しました!

ちょっと難しい内容になりますが、

ダウ理論をしっかりと理解すれば納得できるはずなので

きちんと納得するまでチャートを分析してみてください^^

-ダウ理論
-,

Copyright© プライスアクションから学ぶFX , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.